1. ホーム
  2. 治療例
  3. 叢生(子供の場合)

※治療効果には個人差があり、下記の症例は一例です。

叢生(子供の場合)

8歳の女の子。乳歯の後ろに永久歯が出てきて、凸凹です。重なっていた2番目の歯のスペースがありません。

上顎は取り外し式の拡大用プレートを入れて左右の幅を広げています。

2歯前の歯が歯列に入りました。下顎も同様にして幅を広げました。

前歯4本分のスペースを作った後は、永久歯が出てくるのを待ちます。大きな永久歯が出てきたり、犬歯のスペースが不十分だったりしたときは永久歯の抜歯が必要なこともあります。