1. ホーム
  2. 治療例
  3. 開咬(子供の場合)

※治療効果には個人差があり、下記の症例は一例です。

開咬(子供の場合)

前歯で咬めないということで来院された、9才の女の子。前歯が空いており、奥歯しか咬んでいません。舌の癖がこのかみ合わせの原因の一つと考えられました。

舌を前に出ないよう柵が付いたcrib装置を付けました。食事中もつけたままです。

9ヶ月後です。上下の前歯は重なり、食べ物を?み切れるようになりました。

向かって右上の前歯は外傷で再発していますが、無事動いてくれました。これならばブラケット装置は不要でしょう。ただ、cribをはずすとほとんどは開咬が再発しますので、舌のトレーニング等が必要になります。