1. ホーム
  2. 治療例
  3. 開咬(子供の場合)

開咬(子供の場合)

前歯でおそばがかみ切れないということで来院された、14才の男の子。前歯が空いており、糸切り歯の後ろにも隙間があります。舌の癖がこのかみ合わせの原因の一つと考えられました。

舌を前に出ないよう柵が付いた装置を付けました。これを食事と歯磨き以外は1日中付けてもらいました。

最初はかなり大変だったようですが、歯に矯正装置を付けるよりは良いからと、がんばってくれました。

はじめて半年です。プレートの使用にも慣れてきたようです。1日22時間使い、がんばってくれたおかげで随分とかみ合ってきました。

取り外し式の装置は使わないと治りません。しっかりと治したいんだという気持ちを持っていないとなかなかうまくいきません。でも、がんばっただけの効果はありますので根気よく使いましょう。