1. ホーム
  2. 治療例
  3. 反対咬合・下顎前突(子供の場合)

※治療効果には個人差があり、下記の症例は一例です。

反対咬合・下顎前突(子供の場合)

下の歯が上の歯の外側にでている4歳の男の子。歯の先同士の機能はかろうじてできました。

ムーシールドという装置を就寝時、口の中にいれてもらいました。

装置を使わせるにはまだ早いかと思いましたが、ご両親がナイトガードを使用しているようで、一緒に使ってみたいとのことでした。

1年3ヶ月後です。反対の咬み合わせから治りました。この後半年間は継続して使用、その後、一旦終了としました。

反対の咬み合わせが治った後しばらくは(制作中)