1. ホーム
  2. 治療のご案内

みんなが矯正治療で心配なところ

目立たない装置

治療を躊躇する大きな要因の一つに装置の見た目があります。内側矯正や透明な取り外し式のプレート矯正なら人目を気にする心配はありません。外側に付ける装置もセラミックやプラスチックの装置を使用してできるだけ目立たないようにしています。

抜歯について

抜歯は極力避けるようにしていますが、抜歯をした方がよい結果が得られる場合もあります。その場合は検査データを慎重に検討し、必要性について十分にお伝えしてから、治療を開始するようにしています。抜歯が必要になる割合は成長期の子供より大人の方が多くなります。

矯正治療開始時期について

最適な治療開始時期はかみ合わせのタイプによってことなります。上下が反対に噛んでいるようなかみ合わせの場合は早期治療が望ましく、スペースの不足が予想されるような場合は永久歯の前歯4本がある程度出てきたころがよいと考えています。早期に治療を始めると個々の成長の力を借りて治療をすることができ、治療範囲が広がります。抜歯をしなくてもよくなる場合も多々あります。早期に治療を始めた場合は乳歯の残っている時期と永久歯になってからの時期の2段階の治療になります。

痛み

通院中の患者さん84人(平均年齢16歳7ヶ月)に、装置を付けてから2週間の痛みの変化について調査をしました。その結果、軽い痛みが26%、強い痛みが69%、合計すると95%の人たちが痛みを感じていました。痛みは付けてから2時間後から始まり、強い痛みが3,4日、軽い痛みが2日、違和感が1日、併せて1週間でした。

強い痛みは常にあるわけではなく、物を咬んだときや歯を咬みしめたときだけです。痛み止めを飲むと和らぎますが、そこまでする方は稀でした。歯の痛みのほかに装置が唇や頬の裏側にすれる痛みもありました。これはワックスなどで装置をカバーすることで解消します。

内側矯正装置

外側より発音には不便かもしれませんが、矯正装置が歯の裏側に付いているので外からは見えません。

アライナー型矯正装置

歯の表面にアタッチメント(アライナーのひっかかり)をつけて、取り外しができる透明なマウスピースを使った治療です。

歯を効率的に動かす装置

矯正装置や素材は少しずつ改良され、より効率よく歯を動かせるようになってきています。

歯科矯正用アンカースクリュー

歯肉の部分に直径1.4〜2.0mmのスクリューを埋めて、それを支えとして歯の移動を行います。これによりわずらわしいヘッドギヤーを使わずに治療を行うことができます。また治療期間の短縮にもなります。スクリューは矯正治療後に外します。

動かしたい歯を効率的に動かすことができます。