1. ホーム
  2. 治療例
  3. 反対咬合・下顎前突(手術の場合)

※治療効果には個人差があり、下記の症例は一例です。

反対咬合・下顎前突(手術の場合)

上下の歯のずれがとても大きく、歯の矯正治療だけでは治すことができず、外科手術を併用した矯正治療が必要でした。

手術前の治療期間は約2年間。手術後は半年から1年くらいは装置をつけて治療を続けます。

かみ合わせだけではなく、顔の形も良くなりました。左が治療前、右が治療後。顔の形が変わるので、手術前に十分な話し合いが必要です。

下顎の成長は男の子で18才、女の子で16才くらいまで続きます。個人差はありますが、手術をする場合は成長が止まってから治療を始めます。身長の変化が目安になります。