1. ホーム
  2. 矯正装置の種類
  3. 各種矯正装置
  4. 上下とも内側矯正装置(フルリンガル)

各種矯正装置

※治療効果には個人差があり、下記の症例は一例です。
矯正治療のリスクについてはこちら。

内側矯正装置(上下とも内側に装置を付けた場合)

上下反対に咬んでいます。上も向かって右側の歯がねじれています。

上下左右の小臼歯4本を抜歯して治療を始めました。外側から装置は見えません。

最初はうまく発音できなかったり、舌の横側が痛くなったりしますが、徐々に慣れてきます。

治療後です。きれいになりました。

最近は矯正装置を付けている大人が増えてきているとはいえ、やはり、外側に付けるには抵抗がある方が多いようです。目立たない内側矯正治療はその様な方々にお勧めしています。